読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

つぶやきノート

日々のアレコレを記録してます

夕焼け散歩

f:id:marronglace0226:20170522210623j:image

 

f:id:marronglace0226:20170522210626j:image

 

なんか、いろいろな想いを綴ったのに、アップしたらまた本文消えました。

 

日曜日からウォーキングと瞑想を始めました。

そのおかげか、メンタル面では少し調子がいいように思います。

 

それと、幻聴ではないと発覚する出来事が発生。

夜中、窓の外からボソボソ話し声が聞こえてくるので、試しに声の聞こえる方にあることをしたら、 走り去っていく光の帯と、すぐ近くの家の激しくドアの閉まる音が…。そして真っ暗だった家に明かりがついた…。

私は音は立てていないので、おそらく私の行為に逃げた人はその家の人だったというオチでしょうか。もう1人は車で裏から走り去ったのでしょうね、オレンジ色のスモールの光が見えましたので…。

 

マジか…。本当に居たんだ。という気持ちでホッとしたけど、何が目的なのかわかりません。

別にウチを見ていたわけじゃないのかもしれませんが、逃げたってことはその場から逃げなきゃいけない理由があったわけで…。

まぁ、何にせよ、威嚇?は成功したようです。…が、昨晩もボソボソ聞こえたので、そんなに遅くまでそこで何してるの?と思ってしまう。

 

 

幻聴が聞こえてきて時々思うのは、これが本当なら、こんなこと本当に言われていたら嫌だよね、見ず知らずの他人にこんなこと言われてるくらいなら幻聴の方がいいかも…と思ったりする。

でも、幻聴が聞こえるなんてまともな状態じゃないので、幻聴よりは実際に言われてる方がマシかも、とも思ったりする。

 

どっちもどっち、どっちがいいとか言えないなぁ。いや、幻聴はまずいか…。

 

それにしても、もし本当なら、こんなにアレコレ噂する人たちって、どんだけ私に興味あるの?って思ったりもする…。なにせ、愛情の反対は憎しみではなく無関心だと言うくらいだがら。

 

そう考えると、うわさ話も少しはありがたい現象なのかもしれない、有る事無い事勝手に言われて尾びれ背びれがつくのは心外だけど。

 

何にせよ、他人の言葉に振り回されない動じない精神を身につけねば、これから先もたないと思うので、今がいちばん辛い時期です。

 

でも、ここを乗り越えたら少しは生きやすくなるのかも〜と希望を抱いて、頑張ります。

広告を非表示にする

幻聴が聞こえた時の対処法

先日から何回か触れているけれど、最近、謎の声がする。

 

声自体は、昨年からも時々聞こえていて、庭で梅の木を切ったり、草刈りをしたり、外に出ている時がほとんどだったので、ご近所さんのうわさ話程度にしか思っていなかったのだが、うちの隣に私よりも少し年上のご夫婦が住み始めてから、私の部屋の台所で、変な声が聞こえるようになった。

 

台所には換気扇があって、そこから外の音や声が聞こえたりする。

また、隣の家と我が家の間は、わりとお互いの家の話し声が響くようで、庭の草刈りをしていて話し声が筒抜けなことにびっくりした。

 

しかし、それはさておき、今月の頭くらいから謎の声が聞こえる頻度があまりにも多くなった(しかもひと気のない夜とか、人影のない昼間とか、どこから聞こえてくるのかわからない声が増えた)ので、おそらく仕事や人間関係などなど、心配事や、ショックな出来事が重なったところに、近所の農家さんに出入りする人(見知らぬ人)が増えたので、神経質になっているのだろうなぁと思う。

 

幻聴だったとしたら、その声は私の心の声なので、目をそらさずにその言葉の真意を探るべきなのかもしれないが、言葉の内容にはあまり囚われすぎずに、自分が今辛いんだなってことをわかってあげたいと思う。

そして、できるだけリラックスしたり、きちんと睡眠を取ったり、栄養を取ったり、とにかく癒しの時間を増やして、自然治癒力を高める、そして副交感神経を高める生活を心掛ける。

 

もし幻聴ではなくて、本当のうわさ話や他人の声だったら、すべてをまともに聞いて取り合っていたら頭がおかしくなるので、とにかくスルーする。

偏見だと言われるかもしれないが、田舎の人はとにかく視野が狭い。そして、他人のことにあれこれ干渉してくる、それが普通だと思っている。さらにうわさ話が大好きなので、1人に話したら少なくても10人には伝わっていると思っていいだろう。

とにかく聞き流すこと。

 

ただ、別の見方をすれば、それだけ関心を持ってもらえているのはありがたいことかもしれないが…愛の反対は憎しみではなく無関心というくらいなので、関心があるのは興味があるけれど接し方がわからないのかもしれない。

 

かといって、こちらから話しかけて親しくなろうとはあまり思わないけれど。

 

 

 

話を戻すが、幻聴にせよ、本当のうわさ話にせよ、それらの声を気にしないようにするしかないと思うが、シャットアウトしても耳に入ってくる時はあるので、別の言葉を聞くようにする。

 

音楽だと、よっぽど大ボリュームにしないと話し声を拾ってしまうので、話し声の何かを再生する。

最近思いついたのは、自己啓発などのオーディオブック。または、Podcastのチャンネルで、きれいな言葉遣いの人が話しているもの。

 

汚い言葉や悪意のある言葉で自分が汚されてしまったら、それを追い出すことができなくなったら、美しい言葉を注ぎ込んで、自分を満たしてあげるのだ。

 

新しく詰め込んで行けば、ところてん方式に古いもの(悪い言葉)は良い言葉に押し出されていく。

音楽でも良いが、言葉の方が効果が高いことがわかった。やはり日本語で、気持ちや考え方を切り替えられる内容のものがオススメだが、あまりポジティブすぎると疲れてしまう場合は、スペイン語でもフランス語でもイタリア語でもなんでもいいので、とにかくたくさんの言葉を耳に入れて、悪い言葉(雑音)を聞こえないようにするのだ。

 

昨日これを行なったおかげと、瞑想を昨晩と今朝少し行なったので、少し心がスッキリして、今日は晴れやかな気持ちで過ごせたし、とっても小さいけれど良い出来事もいくつかあった。

 

見えない不思議な力で助けられているなぁと思えた日だった。

 

美しい言葉を耳に入れているだけでも、こんなに癒されるんだなぁと思って驚きました。

 

そう考えると、人との会話も気をつけなきゃですね。もちろん独り言も。

2度あることは3度ある

先日も書いたけど、猫のコゲちゃん(母猫)と私の新しいエピソード。

 

コゲちゃんがいく度目かのお引越しをして、ごはんだけ我が家に食べに来るようになった。

 

庭に置いてある廃車の下に住んでいるかと思いきや、またいつの間にかお引越しをしてしまい、子猫の姿も鳴き声もなく、まさか残りの2匹までもカラスか何かに連れ去られてしまったのでは?と心配していた矢先のこと…。

 

もともとはうちにいた猫かと思うが、茶トラのオス猫がよくごはんを食べに来るようになった。

 

茶トラのオスは、オス同士のせいか、黒猫のぐりと仲が悪いらしく、ぐりがいじめられて屋根の上に避難していることが時々あるのだが、先日もごはんをあげに外に出たら、ぐりが屋根の上にいた。

 

しかし大きなお皿の上にカリカリごはんを置くと、ぐりが屋根から降りてきて食べ始める。

食欲優先だ。

 

茶トラは私を警戒しているので、近づいてごはんをあげようとすると、階段の下に逃げようとするが、近くにあった小皿にカリカリを置き、茶トラの近くに寄せる。

 

みんながごはんを食べ始めたところで、気になっていたのでコゲちゃんに「あんたの子猫はどこへ行ったの〜?無事なの?」というようなことを話しかける。

どこに住んでるかわからないと、カラスがきた時に守ってあげられないから…と、コゲちゃんに話しかけるが、コゲちゃんはごはんに夢中なのでスルーされる。

 

しかし、翌日の昼間、またもやぐりが茶トラに追いかけられて逃げていく姿を見かけたので、見兼ねて茶トラに文句を言いにいくと、家の軒下の奥の方にコゲちゃんと子猫を発見。

 

私が子猫の姿を心配したので連れてきてくれたのだと思う。私のお願いをコゲちゃんが聞いてくれたのはこれで3度目、もはや偶然ではないのだ。

 

そして茶トラは子猫たちの父らしい。

コゲちゃんが安心して子育てできるように、家族を守っているのだろう、しかし、ぐりは茶トラに追い払われてしまった…。

 

茶トラはずっと家を空けていて、ぐりがずっと家に住んでいたのに、子猫を守るためとはいえ、ぐりが不憫に思えて、ぐりの後を追ったが、追いつけなかった。

 

外猫だから、他に住むところはたくさんあるのかもしれないが、ぐりはとにかく気が優しいしケンカも弱そうなので、ちゃんと生きていけるか心配だった。

 

2日くらい帰ってこなかったので心配していたが、昨日、ごはんを食べに戻ってきた。

茶トラの姿は見えないが、茶トラは強そうなので他のところでも生きていけそうな気がする。

 

しばらくぐりが帰ってこなくてショックだったが、無事に帰ってきてくれて安心した。

 

安心したので、ようやくコゲちゃんのことを書くことができた。

 

外で放し飼いにしている猫のことを心配していたらきりがないのだけど、私にとってはおはぎちゃんもぐりも愛嬌があって甘えん坊でかわいくてしょうがないのだ。

 

モモタやぐら(ぐりの兄弟猫)が帰ってこなくなってだいぶ経つので、とにかくぐりが無事だったことに感謝したい。

 

f:id:marronglace0226:20170517233918j:image

おはぎちゃんが健康でいてくれることにも。

今日も甘えん坊ポーズで、私の膝の上でお休み中。

 

猫っぽいような、猫っぽくないような、ちょっと変なポーズで寝ています。 

広告を非表示にする

過去を追うな、未来を願うな、今日なすべき事を熱心にせよ

少し間が空いてしまいました。

 

前回更新した記事は、寝る前に書いて、翌朝読み返そうと思って開いたらまさかの本文消え、失笑ものです。

 

改めて書きなおそうかとも思ったけど、このままでもいいような気もしたのでそのままにしてしまいました。

 

さほど落ち込んでいるわけでもなく、抜け出せなかったところから出るきっかけになったと思っているので、目の前にふさがって居た壁(執着)を乗り越えた?つもりでいます。

 

プチ失恋は、その前の引きずっていた感情を断ち切るには良いかと…ただ、ダメージのあったところへの再ダメージなので、辛くないわけではありませんが、ひとまず浮ついた気持ちを落ち着けて、本当に考えなければいけないことに目を向けようと思っている次第です。

 

最近、事情があってお気に入りの西窓から夕焼けを見る機会が減ってしまい、一日の終わりを感じながら心を落ち着けることができていません。

 

代わりに、Podcast曹洞宗の住職さんの人生相談のチャンネルを聴いて自分を振り返っています。

 

世の中にはもっと辛い経験をしている方もいて、自分と似たような悩みを抱えて生きている人がたくさんいるってことも再確認して、少しヒントも得て…

 

変えることのできないことに嘆いてばかりいてもしょうがないなぁって思います。

 

外にばかり目を向けずに、自分の内省ができたのは、夕焼けが見れなかったおかげです。

 

物事には常にいろいろな側面があるなぁと思えるようになったのも、やはり成長できてるってことなのだろうと思うようにします。

 

自分を否定したくなる気持ちが時々強くなるけれど、目に見えない不思議な力で生かされていると思うことも時々あって、これから先もきっといろんなことで悩んだり苦しんだりするだろうけど、いつかその経験を活かせる時に恵まれることを願って。

 

f:id:marronglace0226:20170517201346j:image

f:id:marronglace0226:20170517201400j:image

お仕事の準備中、またもや面白い事をして私を楽しませてくれるおはぎちゃんに出会えた事にも、心から感謝しています。

 

謎の声も、どうやら幻聴らしく、症状がやや悪化しているものの、その要因と思える深層心理を探り探り、私自身を愛してあげるためにどうしていくべきか、模索中です。

 

食欲も少し低下していて、眠りも浅くなってきたので、やっぱり運動しなきゃ〜!というのが解決策のようです。

 

猫は人間の言葉がわかるらしい

なんとなく、そうかなと思っていたものが、確信に変わる瞬間。

 

先日、母猫と子猫のことを書いたが、カラスの襲撃に備えてちょこちょこお引越しをしている、母猫のコゲちゃん。

 

なかなかたくましいので、小鳥を捕まえてくるのが得意らしい。

 

そんなコゲちゃんでも、カラスとは戦えないようだ…。さすがにカラスの方が大きいし、くちばしも鋭いし、飛べるし…。

 

 

先日、ごはんをあげるタイミングで、コゲちゃんに新しい引越し先を聞いた。

すると、その少しあと、私が出かけようとしたら、いつも車を置いている庭先のところでコゲちゃんが座っていた。

どうしたのかなと思いつつ、新しいお引越し先を教えてもらえないかしらと思って後をついて行った。

 

父が庭先に放置して半分潰れかかった段ボール、入り口は猫なら入れるサイズでカラスはさすがに入れない。

そこへコゲちゃんがするりと入って行くと、子猫の鳴き声が…あぁ、ここにいたのね。

これならカラスからは身を守れる。

雨とか虫とかが心配だけど…

その日はひとまず、新しいお引越し先を教えてもらえたのでコゲちゃんにお礼を言って、車に戻り外出した。

 

その後、庭の片付けをした時に、コゲちゃんたちの住んでいる段ボールの近くに犬のフンがあり、おそらく隣近所のご主人がよく散歩させているのでその子かしらと思いつつ、犬の散歩コースにコゲちゃんたちのお家があるのはちょっと心配だったので、段ボールを移動した。

 

 

嫌がるかなぁとは思ったけど、結局新しく移動した場所は落ち着かなかったのか、またコゲちゃん一家はお引越しをしてしまった…。

 

さすがにもう新しいお家は教えてもらえないよねぇ…そう思いながら、数日後に思い切ってコゲちゃんにごはんをあげながら、カラスに襲われたら心配だから、新しいお家を教えて、と伝えたら、ごはんを食べ終わった数時間後、玄関から出てきた私を待っていたかのような様子だったので後をついて行ってみると、玄関の階段のすぐ下に止まっている弟の遺品、フォルクスワーゲンビートルの車の下に入って行った。

 

耳栓をしていたので子猫の鳴き声は聞き逃してしまったが、そんな場所に行くからには子猫も一緒のはず。

 

それにしてもコゲちゃん、私の言葉がわかるんだぁ…すごいなぁ、と改めてびっくりしてしまった。

私が出てくるのを待っててくれて、お家に案内してくれるなんて、律儀だなぁと。

 

1度目は、たまたま偶然だよね、という認識だったけど、2度目にもちゃんとお家を教えてくれたので、これは偶然じゃないなぁと思ったのです。

 

2回で充分でしょう、3回目がなきゃ信じないのは人間相手で、猫は普通こんなことしないし、警戒心の強いコゲちゃんに関しては特に、人間に住処を教えるなんてしないはず…。

でもきっと、助けてあげられなかったけど、カラスに連れていかれた子猫のことがあって以来、コゲちゃんからは信頼されているように思うのです。

 

カラスも、たぶん同じ子かなぁ、頭のいいカラスがいるんですが、今日は猫の餌皿をくわえて隣の庭先に飛んで行き、そこで猫の餌を食べてから遠くに飛んで行きました。

 

どんだけ器用なの!と驚いたけど、カラスも生きてくのに必死なんだね。

まぁ、餌はあげられないけど、もちろん子猫もあげられないけど、カラスにも元気でいてほしいですね。

 

全ての生き物が、お互いを尊重し合って生きていけたらいいのになぁと思います。

 

もちろん人間もです。

そんなのは夢物語かしらん。

不安定な時もあるさ

久しぶりの更新になってしまいました。

 

最近、ちょっと不安定になっているせいか、謎の声に悩まされています。

 

不必要なほど鳴き続ける近所の犬とか

近くの建物に出入りする季節労働者が増えて騒がしくなったり

その若者?たちが深夜まで騒いだりバイクでうちの前を走り回ったり

庭で何かをしていると、隣近所の人が覗きにきたり、ひそひそと話し声が聞こえたり(今日は内庭で洗車をしていたら、1つ向こうの家のご主人が自分の畑からこっちを覗いてました…洗車を覗く理由がわからん)

 

田舎は静かなぶん、隣近所とかの話し声がすごく響くので…あまり過敏になってもしょうがないんですが、わかってはいるものの、ちょっと神経質になりすぎて、かなり参ってます。

 

とりあえずの対策として、昨日から耳栓をつけ始めましたが、耳の中が痒くなりますね。

 

あと、生活音がほぼほぼ遮断されるので、洗濯機とか電子レンジやお湯が沸いた音とかも聞こえなくなります…。

 

ひどい時は耳栓してても、モワンとした話し声が遠くで響いている感じがするので、その遠くの声を意識的には聞かないようにしています。

 

正直、幻聴なのか、本当に話し声なのかよくわかりません。

 

どっちにしても自分が過敏になりすぎているせいでストレスが限界って事らしく、今朝はついに変な建物に閉じ込められる夢まで見てしまいました。

窓はあるけど強化ガラスで普通に壊すのも無理そうな建物で、おはぎちゃんを抱えて出口を探し回る夢です。

 

最近ほとんど夢は見なかったんですが、久しぶりに見た夢がこんなんで…何もかも恐怖そのもので、目覚めが悪かったけど夢でよかったです。

 

けど、とりあえず現状をなんとかしないと、このままでは本当に参ってしまう。

 

私にとって最大のストレスである父も、やはり居てくれないと不安が増してしまうので、安心あり、ストレスもあり…。

 

昔ウツになったきっかけと、それが悪化したきっかけがあったんですが…今回はそういう状況に似ていていろいろ重なったので、メンタルバランスがガタガタに崩れてるみたいです。

 

薬を服用するのは嫌なので、病院に行くつもりも無いんですが、これらのことをどうやって克服したら良いのかぜんぜんわかりません…。

 

静かな場所でゆっくり過ごせたら気持ちもおさまるかしら。

とりあえずは耳栓生活です。

 

f:id:marronglace0226:20170512213808j:image

 

昨日の満月。

なんかのエネルギーもらえたかしら…。

 

 

広告を非表示にする

土鍋生活始まる

3年〜4年ほど前に(もしかしたら5年前かも?)買った3合炊きの炊飯器が壊れてしまった。

 

ご飯は、2合のお米に雑穀を混ぜて炊いている。

f:id:marronglace0226:20170504212241j:image

炊き上がったら、ジップロックのスクリュー式の丸いタッパに一食あたり0.5合ずつくらいに小分けにして入れて、冷蔵庫にしまい、食べるときに一食ぶんだけを温め直している。

 

なのでお米を炊くのは1週間に2〜3回くらい。

 

朝食用や夕食用に合わせてタイマーをセットすることもたまにはあるが、タイマー機能がなくてもなんとかなる。

 

以前訳あって買った3合炊きの土鍋があったので、それでごはんを炊いてみた。

 

f:id:marronglace0226:20170504214055j:image

 

説明書によると…

中火より少し強めで15分。

蒸らしで10-20分。

 

私は両方に台所用のタイマーをかけたので15分15分で炊いて蒸らした。

 

割と安いお米だけど、炊きたてはふわふわモッチリ。

おこげもできないので洗いも楽チン。

おこげ好きの方には物足りないかも?

 

炊飯器の時は、使用後に毎回布巾で内部と外側を拭いてたけど、土鍋は本体もフタも丸洗いできて手入れが楽だしスッキリ片付く。

電気の炊飯器の方が安全だけど、吹きこぼしに気をつければ、これも有りかと。

 

思っていた以上に土鍋でのご飯炊きは、準備も片付けも楽しくて、そして美味しい。

平べったい鍋よりも、まぁるい鍋の方が、お米が対流するので美味しく炊き上がるんだとか…?

それに土鍋でご飯炊くってちょっとカッコいい笑。

もしかしたら病みつきになるかも…。

 

今まで有るのが当たり前だった物が壊れた時は、生活の在り方を見直してみると、意外な発見があるなぁと思います。

 

デジタルからアナログへ。

古き良きものを新たに知る。

便利なものだけに頼りすぎない。

 

新しい発見でした。

広告を非表示にする

心機一転お片づけ。

仕事に関することが一段落した。

 

昨日は読書に明け暮れたが、今日は月初めだし、GW前にゴミをまとめて出さないとダンボールと要らない販促物の山なので、今日は朝からお片づけ。

 

30Lのゴミを2袋と、ダンボールのゴミをひと山、収集場に出してきた。

 

床も髪の毛やらホコリが少し気になるので掃除機をかけ、本棚の整頓…というか、要らない書類を捨てまくることにした。

 

不要な書類をファイルから抜き出し、資格取得の勉強中の資料を挟みなおす。

 

先月100均で買ったばかりのファイルは空いてしまったが、今のところ使い道がないので保留。

 

他にも、引き出しの中などを見直して、片付けた時に見つけて保管してたけど未だに使う予定のない物たちをまとめた。

 

f:id:marronglace0226:20170501234334j:image

主に、オーディオなどのケーブル類と、南京錠の錠が無く、鍵だけ残ったもの。

イヤホンのゴムもサイズが合わないのをスペア用に取っといたけど、イヤホン自体ほとんど使わないので捨てることに。

無印の延長コードの短いのは2つあるので1つ捨てる。

小学生の頃のお裁縫セットに入っていた断ち切り鋏など…。

これらのものが無くなって、本棚の下の引き出しの中がスッキリした。

 

 

本棚が片付いたのでご飯の支度をしようとしたら…炊飯器のスイッチが入らない。

f:id:marronglace0226:20170501234720j:image

最近調子が悪くて接触不良が多かったけど、今日はついに動かなくなった。

マグネットでくっつけるコンセントも分解してみたけど、たぶん本体側かなぁ?

何しろ、家族で使ってた時にこびりついた汚れを取るためにだいぶ無茶な掃除をしたので…。ゴメンよ…。

 

約3年の役目を終えて、最後の方は、『俺の命はあとわずかだが、俺がいなくなってもちゃんと米食えよ』と言ったとか言わなかったとか…。

 

それはさておき、炊飯器が壊れてしまったので久しぶりに土鍋でごはんを炊いた。

土鍋の話はまたそのうち。

 

その後は炊飯器捨てるなら台所の食器類も見直すか!と思い立ち、もったいなくて取っといてるけどほとんど使った事もなければ今後使う予定すらないものをまとめてみた。

ちなみに2つあるけど1つあれば充分なものも思い切って減らすことにした。

 

f:id:marronglace0226:20170501235914j:image

 使い勝手の悪い小鉢。

ホーローのコーヒーポットがあるのでヤカンは捨てよう…もったいないけど。

やたらでかい鍋も使わないし、やたらでかいおたまも使いにくいし、大きめのプラスチックボウルとザルも捨て、小さめ(と言っても20cmくらいはある)を残した。

ハートのケーキ型なんて、学生の頃に買って使った記憶がない。

バレンタインにさえ出番のないものはさようならしよう。

 

誰かにあげたり、売ったりできればいいんだけど、あげると受け取った人が処分に困るだけなので、自分で処分するのがいちばん良いと思います。

 

売るにしても、たぶん売れないものばかりだと思うので、捨てるのがもったいないと思うなら買う時に本当に必要かを考えなければ、使われずに捨てられる物たちがかわいそうだもんね。

 

燃えないゴミの回収は2週間先なのでしばらく捨てられないけど、とりあえず台所もスッキリした。

 

 

f:id:marronglace0226:20170502000259j:image

お片づけが終わっておはぎちゃんは私のソファでまったりゴロゴロ中。

広告を非表示にする

先月までの仕事まとめ。

先月末で仕事を辞めた。

 

3月

覆面調査

→報酬設定が低すぎる

→覆面調査の研修が無給だった(この部分が無給だという説明は受けていない)

 

スポット案件の丸投げ気味の指示書

古いシステムを使った報告のやり方

→本部の運用レベルの低さを危惧

 

4月頭

契約更新に関する上司の対応のずさんさ

→ブラック要素?

 

仕事に必要な自分のPCが壊れた

→そろそろ潮時?

 

 

効率よい業務

→手抜き…?

 

上司が同行すると手抜きや改竄偽造の報告

(内容盛りすぎでは…)

→これが当たり前になると仕事に対して怠惰になりそう

 

転職するための経験を積むつもり?

→そもそもこの業種に骨を埋める気はない

 

 

生活していくための一時的な収入として今の自分にベストな働き方を選んだつもりだったけど?

→上司の都合に振り回されているだけ

→社会の役に立っているとは思えない仕事

→僅かな給料をもらって満足できない仕事内容

 →巡回してもしなくてもあれらの商品の売り上げはさほど変わらない?

 

 

 

→この手の仕事は扱う会社がそこそこある

→1件あたりの報酬はガソリン代と1日分の食費くらいにしかならない…か、それよりももっと少ない

 →毎月の生活費はなんとかやりくりできるがそれ以外のものが払えない

 

 

●今まで培ってきたものを何も役立てられず、上司の言われた通りにやるだけなら、私がやらなくても上司が直接やればいい

●すべて自分の思い通りに報告させたいなら部下など要らない

●信頼して任せてもらえないのは私にも責任があるが、諸々のやり取りで私を否定したいだけだと判断した

 

 

 

そんなわけで、新たな道を模索するための勉強中。

 

GW明けはありがたいことに他社の仕事のスケジュールがみっちり詰まっているので、恐怖に駆られて闇雲に求人情報を見続けることなく、落ち着いて読書ができる。

 

このタイミングだからか、本の内容がとても染み込んでくる。

 

新しいことを学ぶなら、タイミングは大事だなぁと思うし、昔学んだことが薄れてしまったら、学びなおすことも大事。

 

その時は理解したつもりでも、できなくなってることがたくさんあって、ハッとさせられる。

 

学びなおす時間ができたのも、仕事辞めたおかげと好都合に解釈して、気持ち切り替えよう。

 

また続かなかったとクヨクヨしないこと。

 

将来どうなっていたいかのイメージ作りをしっかり行う。

 

f:id:marronglace0226:20170501004900j:image

かわいい娘のために、がんばるぞ!