読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

marronglacediary

日々の小さな喜びを

雪の日にひとりで考えること

今日は朝から雪が降り、今は雨になった。

 

父は昨日から外出していて家の中はとても静かだ。

もちろん猫たちは家にいるが、人間が1人いないのはずいぶんと家の中が静まり返っていて、そしていちだんと寒い。二階のストーブがついていないので当たり前のことなのだが…

 

久しぶりにひとりで過ごす家の中。滅びた王国が復活したかのようだ。

家族が寝静まった後、明け方まで夜ふかしするのと似ているが、それよりももっと静かだ。

 

いつも締め付けられているような生活で、今日は背中に隠した大きな羽根をゆっくりと大きく広げて休めるのだ。

 

ごくたまに車が通ったり、近所の犬の鳴き声や、外の猫の鳴き声が聞こえてくるが、日曜日で郵便の配達もないし、雪だとわざわざ出かける人もいないのでシーンと静まり返っている。

 

石油ファンヒーターの送風の音と、冷蔵庫のウーンと唸る音だけが家の中で響いている。

 

こういう静けさの中に身を置く時間がとても好きだ。

 

時折、すごく昔の出来事を思い出したり、今日届いた仕事のメールのことを考えたり。日曜日は仕事はお休みなので、メールは読むけど返信はしない。返信してしまった方が楽なんだけど、今後のことを考えると、土日休みのはずの仕事で土曜日はともかく日曜日は仕事の連絡は一切しないつもりだ。

無給扱いの報告に時間を割いているぶん、ここはきっちり分けておかないとバランスが崩れてしまう。

 

自室の片隅にあるダンボールの山を3つくらい片付けて、中に詰め込んであったビデオテープをゴミ袋に詰めた。

ダンボールは荷造り紐できちんと結わき、来週の回収日に出す。

 

部屋を少し片付けて、台所の模様替えをした。

あまり良くはないけど、とりあえず変えたかったので変えてみた。

できればスチールラックのポールを長いのと交換したいが、手元に無いのでとりあえずは様子見で我慢する。

 

夕ご飯の支度をして、正月の残りのアンコでお汁粉を作った。

外の猫にご飯をやり、また部屋に戻ってソファで寛ぐ。

 

とても、とても静か。

父が元気でいてくれるのはありがたい事だけど、毎日ずっと朝から晩まで家にいると気が休まらないので、たまにこうして出かけてくれると助かる。

 

私の足元でおはぎちゃんがグルーミング。

幸せだ。

 

私は猫と静けさと1人の時間を、とても愛している。

1人ではない時間があるから、1人の時間がより愛しく思えるのだろうと思う。