つぶやきノート

日々のアレコレを記録してます

最近買ったもの

雑貨大好き人間ですが、なるべく物を増やさないように…と、あまり外出もせず、ウィンドウショッピングも控えているのですが、最近欲しいな〜と思い続けて、思い切って購入したものがあります。

 

f:id:marronglace0226:20170331210335j:image

お酒…ではなくて、サーモマグ。

コーヒー好きで、でもコンビニのカフェでさえ頻繁に買うと結構な額になるので、できるだけ家でドリップしたものを水筒に入れて持ち歩くようにしています。

 

とはいえ、店舗巡回のお仕事では遠方に行くこともあり、コンビニでトイレを借りたとき何も買わずに帰るのもなんだし…1日に二杯くらいはコーヒー飲みたいので、出先でも買ってしまう。

 

最近は暖かくなってきたので保温性にさほど拘る必要もないんですが、夏はアイスコーヒー飲むし、これでもけっこうお仕事頑張ってるから、たまには自分にご褒美っぽいものを買おう。

ということで、ネットでいろいろ調べて、サーモマグに決定。

 

 

ちなみに今まで使っていたのは象印の長水筒。

確か350mlくらいで、バックの隙間に入る細長いタイプ。電車での移動が多かった頃に小さくて軽くて開けやすくて丈夫そうでそこそこ量が入るものを探しまくって買ったもの。色デザイン仕様全てにおいて気に入っている。

職場でお湯が使えるところならお茶や紅茶等を淹れて持ち運べるので、これがあるだけで、外出中・勤務中の飲み物代がどれほど浮いたか…。

ずいぶんと活躍してくれましたが、世代交代です。(まだ引退はしませんが)

f:id:marronglace0226:20170331212101j:image

キャップは片手でポンと蓋が開き、ロックもついているので、うっかり開いたりこぼれたりすることもなく、運転中でも片手で飲めるので便利なんですが…この飲み口のパッキンの細いところが洗いにくくてけっこう臭くなるし茶色くなるんです。

 

f:id:marronglace0226:20170331214003j:image

問題のパッキンのいちばん細い部分。

このパッキンをブラシで洗うのも面倒だし、よっぽど細いのじゃないと通らないので汚れと匂いが落ち切らないし、水筒本体も口が細いので水筒用スポンジの劣化も早いうえに、内側が樹脂コートみたいになってるので内側がステンレス製のものよりはやや匂いが残る感じ。

 

さらに自宅のコーヒーメーカーならサーバーから入れるので細長い水筒でも問題ないんですが、出先でコーヒー買ったときに淹れるには水筒の丈が長すぎて機械にセットできない…。

 

しかもこの水筒ちゃんは、細長いせいか、車のドリンクホルダーに入れていると、カーブで曲がったとき、勢いよく助手席の方にすっ飛んで行くんです…。気をつけて運転していても、何度転がしたことか。

1年以上前から車のドリンクホルダーをなんとかしようと思っていたけど、ホルダーじゃなくて水筒を変えることにしました。

もちろん象印ちゃんもこれからも使い続けます。夏はたくさん水分とらないと干からびちゃうんで…。

 

 

 f:id:marronglace0226:20170331214337j:image

それにしても、このサーモマグの飲み口の広さ。隣にある350mlの缶と比べてください。

水筒を買うときは洗いやすさも大切ですね!

 

ちなみに水筒本体の高さは14.5cmくらいだったかな、コンビニのコーヒーマシンなら余裕でセットできます。

 

ただし、コンビニのコーヒーは、豆の袋の数ではなくて、紙のカップの数で売り上げと在庫を管理しているので、コーヒーを買ったらカップは貰うことになります。

エコのためにカップ要りませんと言っても、お店の人が困るので、もらっておきましょう…。コーヒーを淹れたら紙のカップは自分で捨てるのです。アイスコーヒーも同様です。

ローソンはお店の人が淹れてくれるので頼みずらいかもしれませんが、セブンとファミマはセルフなので、これに淹れてもいいですか?と一声かけておけば大丈夫かと…。ダメですなんていう店員は居ないはずです。

 

こちらのサーモマグは象印の水筒のようにワンタッチではない、スクリュー式のキャップなので運転中は難しいですが、信号待ちの時ならちょい飲みできます。

 

と言っても、まだ届いたばかりでこのサーモマグはデビューしていないんですが、仕事の楽しみがひとつ増えました。

 

 

f:id:marronglace0226:20170331220503j:image

こっちは象印よりもずっと前から使っているサーモスの水筒。280mlくらい。水筒って本当に丈夫なので何年でも使えるし、パッキンもさほど劣化していないので新しいの買うのももったいないんですが、このサーモスは、キャップを開け閉めするたびにキュッキュッと樹脂が擦れる音がするので、静かな場所や人のいる場所で水筒を開けるのが恥ずかしかったので、冒頭のワンタッチオープンの象印になったのです。

 

そして今回は、車でももっとコーヒーを楽しんじゃおうという理由で、サーモマグの導入です。

 

f:id:marronglace0226:20170331221936j:image

この子たちは夏山に行くときに活躍してもらいましょう。

もちろん夏場はスポーツドリンクや麦茶を持ち歩くのでまだまだ出番はありますよ!

 

それにしても水筒多いかな。

お弁当箱は留め具のところとか壊れやすいしフタも劣化が早いけど、水筒は頑丈だなぁ。

 

 

f:id:marronglace0226:20170331222430j:image

なんだか中途半端だけど、

おしまい。

 

広告を非表示にする