読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

つぶやきノート

日々のアレコレを記録してます

謝ることを後回しにしない

自分がなにか、ミスをして…

あるいは、配慮が足りずに相手に迷惑をかけた時…

それがわかった段階でできるだけ早めに誠意を持って謝罪するべきだ。

 

それがお互いに気持ちよく過ごせる最善の方法だから。

 

電話をくれたら電話で返し、謝る。

メールをくれたらメールで返し、謝る。

 

電話をくれた相手にメールで返したり、メールをくれた相手に電話で返したりすると状況的に迷惑をかける可能性があるので、連絡をくれた手段での返事が好ましいと思う。

 

もちろん謝罪するなら直接会うとか、せめて電話で伝えるとかの方が良いという一般論もあるが、相手が多忙な場合電話をすることで迷惑をかける場合もあるので、とりあえずは同じツールで謝罪の言葉を述べ、次に会うか電話した時に、先日はすみませんでしたときちんとお詫びを述べる。

 

これは小手先のテクニックとかではなく、相手の方に迷惑をかけたことへの謝罪の気持ちを表すうえで大切なことだから、それを許してくれるかとか、どう思うかは相手次第。

 

とにかく自分としては誠意を持って謝罪する。許してもらおうとか見返りは求めずに。

これが、ベストを尽くすということだと思う。

 

どうやって謝ろうとか、言い訳しようとか考えて先延ばしにすればするほど自体は悪化するのでとにかく早く、きちんと、誠意を持って謝る。

 

これが大事だと、昨日気がついたので、ここに書き留めておく。